Windows10 Pro に WSL2 (Windows Subsystem for Linux) をインストールする方法

WSLは「Windows Subsystem for Linux」の略で、Windows上でLinux環境を実行するために必要な機能である。「WSL1から進化して現在はWSL2が提供されており、WSL1に比べてパフォーマンスが向上している」とのことです。

この記事では WSL2 をインストールする方法を紹介します。なお、Windows10 Pro にする必要があるため「Windows10 Home を Windows10 Pro にアップグレードする方法」と「Windows10 Pro で Hyper-V を有効にする方法」を確認してインストールできる状態にしておきましょう。

1.WSL2の設定を有効にする

Windowsボタンを右クリックして、「アプリと機能」を選択し、関連設定にある「プログラムと機能」へと進みましょう。左側のメニューバーに表示されている「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択します。

「Linux 用 Windows サブシステム」の項目を確認します。チェックがついていなければ無効状態である。PowerShellを管理者として実行してください。管理者としてPowerShellを起動したら以下のコマンドを実行しましょう。

wsl --install

上記は以下の作業を一括で行ってくれる便利なコマンドです。

  • Linux 用 Windows サブシステムの有効化
  • 仮想マシン プラットフォームの有効化
  • Linuxカーネルのダウンロード
  • WSL2を規定値としての設定
  • Ubuntuのダウンロードとインストール

インストールするにはパソコンの再起動が必要となりますので指示に従って再起動します。再起動後、先ほどチェックのついていなかった「Linux 用 Windows サブシステム」の項目にチェックがついていればインストールの完了です。

2.Ubuntuの設定をする

WSL2 をインストールする際のパソコンを再起動したあと、自動で Linux のOS である Ubuntu が起動します。ユーザー名とパスワードを設定していきましょう。

その後、PowerShellを起動して以下のコマンドを実行することで、WSL2が有効になっているかを確認できます。

wsl -l -v

WSL2 のインストール手順は以上となります。WSL で使用できる基本的なコマンドについては、Microsoftの公式ドキュメント「WSL の基本的なコマンド」を確認しておくと良いでしょう。