新人エンジニアがするべきプログラミングの学習法【スキルを磨け】

エンジニアとして働き始めたばかりの頃は「どうやったらもっとスキルを磨けるだろうか?」とよく考えていました。今になって思えば、あの頃に色々とやっていたからこそ、今の自分があるんだなとよく思い返します。

この記事ではエンジニアとして働くようになった「未経験者の新人」にむけて、新人が取り組むべきプログラミングの学習方法を紹介します。プログラミングは難しいので根気よく続ける必要がありますが、継続的な学習を続けるスキルをしっかりと伸ばせるので頑張りましょう。

新卒・未経験のプログラミング学習法

晴れて企業で働くことができるようになった新人エンジニアにとっては、IT業界でやることなすことがすべて新鮮に感じることと思います。特にプログラミングについては、未経験者であればかなり難しく感じる人もいるはずです。「こんなの身につかないかも」と不安になる人も多く出てくるかもしれません。

この記事で伝えたいのは「プログラミング未経験でエンジニアとして採用された場合に、どんな感じでプログラミング学習をしていくべきか」という点になります。未経験からキャリアをスタートさせてエンジニアとして「仕事ができるレベル」になるためには、一体どんな勉強をすればいいのか。そんな疑問に対する回答をまとめます。

1.研修にちゃんと取り組む

未経験者の新人にとって最も重要であると断言できるのは、研修にはちゃんと取り組みましょうということです。IT業界に就職した場合、新卒であれば研修期間も確保されているはずです。未経験者がいきなり技術的な案件に参画することは難しいので準備はさせてくれるはずです。

新人研修中に取り上げられるプログラミングの概念や技術はちゃんと身に付けることに専念しましょう。多くの場合は問題を解きながら文法を学習していき、最終的に簡単なアプリ開発をするような研修になると思います。特に重要になるのが「基礎中の基礎」ともいえる「文法」です。処理の基本となる「分岐」や「繰り返し」は押さえましょう。

基本中の基本といえるトピックをマスターしなければ、エンジニアとして失格になってしまいますし、仕事のレベルには到達できません。新人研修で難しいと感じて挫折してしまうようでは、アプリ開発のエンジニアとしての活躍は難しいと考えてください。インフラエンジニアといったキャリアを進むことになるかもしれません。

2.研修の復習をちゃんとする

「新人研修をしっかりと受けよう」という話をしたのが前の内容でした。次に重要なのは「新人研修の復習をすること」です。新人研修で習う内容は「基礎中の基礎」ですので、この期間に習った内容はしっかりと理解しておく必要があります。

新人として現場に入ると「テスター」と呼ばれるポジションで最初の現場に入ることが多いです。「テスター」というポジションでは、アプリケーションのテストを行っていく役割になるため、どうしてもプログラミングに触れる機会が減っていきます。

エンジニアになって最初のうちはコーディングができないことが多くなるため、未経験者はプログラミングを忘れてしまうこともあります。そうならないためには新人研修の内容を定期的に見直しておくのが望ましいですよね。常に復習する必要はないと思いますが、時間のある時に少しづつ見直してく必要はあります。

3.ITに興味を持って調べる

3つ目に解説したいのは「IT業界に興味を持とう」ということです。IT業界は移り変わりが激しく、新しい技術が生まれては廃れていきます。そんな日々動きのある世界で生き残るためには「興味を持つ」ということが大事になります。IT業界に関するニュース、動向などを気にするだけでも十分です。

例えは、流行りのプログラミング言語、新しく生まれた言語、流行のフレームワークなど調べることはありますよね。英語が得意な人は海外のニュースを読んでみたり、YouTubeでIT業界のトレンドを解説したり、コーディングスキルを解説している動画を視聴したりするのも良いです。

筆者自身は技術書を読んだりTwitter(@hirofurukawa23)を使ってエンジニアのツイートに触れたりしています。Twitterはニュースだけでなくエンジニアの考えなどを知ることができるので、ITに関連する内容を知るにはオススメのサービスです。すでにTwitterアカウントを持っている人は、Twitterでエンジニアをフォローして情報に触れてみてください。

4.他の言語の学習もしてみる

新人研修をきちんと取り組み、定期的な復習も行っているのならば、「新しい言語」の習得に取り組んでみるのも効果的です。新しい言語を学ぶことで、研修の時とは違った視点からプログラミングを理解することができます。

  • 言語による特性の違い
  • コーディングのしやすさ
  • 自分の好き・嫌い

同時に全く特性の違う言語に取り組むのも楽しいですね。サーバサイド系の言語をやっているのならばフロントサイド、Web系言語ならアプリ系やゲーム系の言語などを試してみると刺激になります。新しい言語に取り組むなら元手をかけずに始めることをオススメします。筆者は「Udemy」というサービスでプログラミング学習の講座を購入しています。

Udemyが優秀だと感じるポイントは、講座で用意される教材の多くが、動画を見ながら実際に自分で手を動かして「実践できる」ところにあります。他にも「Progate」や「ドットインストール」など、インターネット上でプログラミングを学べるサイトも増えているので、あなたにあった学習サイトを探してみてください。

エンジニアなら継続的な学習を続けよう

新卒・未経験者がエンジニアに必要な勉強方法について書いてみました。ここで紹介した内容は筆者自身が取り組んできた、また未だに取り組んでいることでもあります。実際、筆者はエンジニアになって新人研修が終わったあと、「TECH::CAMP」というプログラミングスクールに自費で参加して、「Ruby」というプログラミング言語を学んでみました。

TECH::CAMPがいいかどうかはおいておきますが。新人研修ではC#に取り組んでいたので、新鮮な気持ちになりつつも、どんなプログラミング言語でも「根っことなる部分」は同じであるという発見もすることができました。

こうした経験はエンジニアとして仕事をする中で、プログラミングに対する自信を与えてくれるようになったのです。このように、興味を持って取り組んでいくことが、新人・未経験でも「仕事のできるエンジニア」に必要なことだと思っています。継続して学習を続けることで「エンジニア」として働いている「あなたの姿」が見えてくるはずです。