C#を学ぶのに最低限なパソコンのスペックを解説する

C# を学習する上で重要になるのが「パソコン」ですが、プログラミング学習を始めるにあったて「どのスペックのパソコンが必要になるのか?」は気になるとこだと思います。プログラミング学習を始める上でパソコンは必要ですが、高い買い物ですから下調べはしっかりしたいですよね。

ここでは実際に開発現場に参画している経験から、C# を学ぶ上で最低限必要となるパソコンのスペックについて解説していきます。もしパソコンを購入する必要があるのならば、是非とも当記事を参考にしてもらえたら嬉しいです。

プログラミング学習に必要なスペック

プログラミング学習を始める上でパソコンが必要なった場合、「どんなパソコンを買えばいいのかな?」と悩むと思います。Windows?Mac?といった疑問もあると思いますが、当記事では「C#」を学ぶ上で、という内容で説明します。

Windows か Mac か

C#を学ぶ上で Windows か Macか?と言われたら、まずは Windows でいいと思います。現段階では Windows のほうが始めやすいですし、そもそも C# は Windows を配布している Microsoft が開発を続けています。

将来的に C# からプログラミング学習をスタートさせ、将来的に違う内容を学ぶ上で Mac が必要になったらその時に購入すればよいと考えています。筆者も過去に何台も Mac を購入してきていますが、今は Windows をメインで使っています。

Windows をオススメする理由は何と言っても「コストパフォーマンス」です。ある程度のスペックのパソコンを購入するとなったときに、同じようなスペックで Mac を買うならば約2倍の金額を支払う必要があります。この点から考えても Windows から始めるほうがお財布に優しいです。

CPU

CPU は端的に言うと「頭脳」の部分に当たります。CPU は大きく分けて「Intel系」と「AMD系」の2種類あります。Intel は Core シリーズ、AMD は Ryzen というシリーズで展開しています。Core シリーズでも Ryzen シリーズのどちらでも問題ありません。Ryzen シリーズにすると1~2万円くらい費用を抑えることができます。

Intel の Core シリーズならば、Core i3・Core i5・Core i7 が一般的に店頭に並んでいて、数字が大きくなるごとにスペックが上がっていきます。Core i3 でもプログラミング学習は十分にできます。実際、筆者がこれまでに参画した案件でも Core i3 を配布していました。プログラミング以外のことにも使用をするならば、Core i5 かCore i7 を選んでおくとよいでしょう。

AMD シリーズの Ryzen であれば Ryzen5 か Ryzen7 のどちらかが基本になっていて、Ryzen5 よりも Ryzen7 のほうがスペックが高いです。Core i5 とRyzen5、Core i7 と Ryzen7 が対になっていると考えればよいでしょう。費用を抑えなるならば Ryzen5 でも十分なスペックです。

メモリ

パソコンのメモリとは、一時的な記憶容量のことです。店頭の表記では「メモリ」と記載がある場合もあれば「RAM」と記載のある場合もあります。詳しいことを知る必要がありませんが、プログラミング用途で購入する場合は、ズバリ 8GB 以上のものを購入しましょう。

現在は 4GB・8GB・16GB・32GB・64GB とありますが、一般的なのは 4~16GB のレンジでの販売が一般的です。この中でもプログラミングをするならば 8 か 16GB をオススメします。

これは単純に 4GB だと必要な容量が足りなくて、パソコンの動きが遅くなってしまうことが多くなるからです。ここは難しいことは考えず 8GB 以上にしましょう。お財布に余裕があるならば 16GB を選んでもよいかと思います。最低限は 8GB で覚えておきましょう。

記憶容量

ハードディスクの容量は一般的に 256GB・512GB・1TB が一般的だと思いますが、これについては完全に好みです。パソコンに写真や動画をためておきたいならば大きいものを選べばよいですし、そうでないならば、容量の小さいもので十分だと思います。

もちろん容量が大きくなるにつれて値段は高くなっていくので、予算的に考えるなら 256GB にしておくのが良いかもしれません。容量が足りなくなったら外付けのハードディスクを別途用意する手法もあります。

確保したいスペック

C# を学習するために必要な最低限のスペックについて解説してきましたが、最後に「これだけは」という最低限のスペックラインをまとめます。C# を学習する上でパソコンを購入する場合は、以下を守れば十分です。

  • OSはWindowsであること
  • Core i5かRyzen5のCPUであること
  • メモリは8GB以上であること

上記の3つを守れば快適なプログラミング学習をすることができます。Mac を選択するのもありですが、当サイトではMacでの学習に対応していないので注意してください。一般的に C# を学ぶならば、いまは Windowsで良いと考えています。