C#とは?C#の基礎知識を詳しく解説

C#という言語は私が未経験者・初心者に一番オススメしたい言語として挙げており、初心者でも理解しやすいと考えています。まずはC#について以下の項目を中心に学んでいきます。

  • C#を学ぶべき理由
  • C#はどんな言語か
  • C#が歩んできた歴史
  • C#でできること

上記に挙げたトピックについて、一つ一つ紹介していきます。C#の基礎知識について学び、これから学びを始めるプログラミング言語、C#について理解を深めていきましょう。最初は少し座学が中心になりますが、頑張って付いてきてください。

C#を学ぶべき理由

私がC#を一番初めに学ぶべきプログラミング言語だと思うのは、C#が初心者にとって扱いやすい言語であり、かつ将来的な需要が十分に見込まれる言語であると考えているからです。C#は開発から20年以上経っている、古株のプログラミング言語ですが、その成長の過程において、ほかのプログラミング言語のいいところをたくさん取り込んできた経緯があります。

様々なプログラミング言語から良い部分を組み込んできているので、言語として非常に成熟しており、とても扱いやすいプログラミング言語だと知られています。扱いやすいというのはプログラミング学習において非常に重要な要因になると考えておりC#は、まさにプログラミング未経験者にとって最適な学習対象になるのです。

また、C#というプログラミング言語の背景には、皆さんも知っているMicrosoftというIT業界の巨人の存在があります。Microsoftが開発し続けているプログラミング言語である以上、世界中で標準的に使用されるプログラミング言語であることが証明されます。

さらに、以前までの経営方針を一新し、よりオープンソース化を推し進める風通しの良い企業になったというのも挙げられます。オープンソース化をすすめることで、これまでのWindows中心の動作環境が広がり、ウェブアプリケーション、ゲームやスマートフォンアプリなど、以前とは比べ物にならないほど活躍場が広がっているのです。

「扱いやすいプログラミング言語であること」そして、「今後も安定的な需要が見込まれるプログラミング言語」という2つの要素から、プログラミング未経験者はC#を学ぶべきだと考えています。

C#はどんな言語か

C#の特徴からみていきます。C#の特徴は、強力なバックボーンと環境が整っているというところに集約されるかなと思います。もちろん、言語自体も優れています。

Microsoftによる強力なサボート

Microsoftが開発しているため、多くの機能が盛り込まれており、日々進化を続けているのも特徴です。機能が豊富で多様なニーズに答える力があります。 C#は開発から20年以上がたった今でも、現役で進化を続けています。

また、Microsoftはオープンソース化に舵を切っていることもあり、かつての技術がWindowsに特化したものだけでなくなってきているのも特徴と言えるでしょう。こうしたMicrosoftの意向により、年々、C#の活躍の場が広がってきていると感じています。

オブジェクト指向言語である

C系の直径子孫であり、Javaなどの特徴を受け持つC#は「オブジェクト指向」を採用しているプログラミング言語です。C#はMicrosoftがサポートしている関係で、外部ライブラリがとても強力で、様々な機能が提供されているのが利点でもあります。

オブジェクト指向は、ポリモーフィズム、クラス、継承という三大機能を軸とした、拡張性や再利用性が高いという特徴があります。必要な機能を目的に応じて組み込める自由さがオブジェクト指向言語のメリットです。オブジェクト指向については以下の記事でも触れているので確認してみてください。

Visual Studioが使える

C#を開発するための環境として最も一般的なのがMicrosoftが開発を進めるVisual Stuioです。巷のプログラマーなら一度は使ったことがあると思うほど一般的な開発環境として、世界中で使用されています。Visual StudioでC#アプリの開発が可能です。

C#はコンパイル言語なので、コンパイラーがないとアプリを動作させることができませんが、Visual Studioではその機能が備わっており、アプリのコンパイルだけでなくデバッグも容易に出来ます。

Visual Studio 2019 | Microsoft

こうした開発環境(IDE)を最大限に活用し、そのメリットを最大限まで享受できるのもC#の魅力ですね。これまでVisual StudioはWindowsの専売特許でしたが、今ではMacOSでも使用可能となったので、以前よりも広く一般的に扱えるようになりました。

C#が歩んできた歴史

C系言語の直径の子孫。もともとC言語が一般的だった時代にオブジェクト指向の概念が組み込まれて、C++へと進化を遂げました。その一方でC++は技術者自身が様々な処理をする必要がありました。特にメモリ管理がエンジニアを悩ませる種となっていったのです。

そのころ、オブジェクト指向の思想のもとでサン・マイクロシステムズがJavaという言語を開発しました。C++でエンジニアにとって頭の痛かったメモリ管理の問題を自動で行ってくれる「ガーベジコレクション」が組み込まれていました。この言語は今でも人気の言語の一つですよで、聞いたことのある人が多いんじゃないかと思います。

C++からJavaへと発展を遂げる一方で、アンダース・ヘルスバーグという技術者がC#という言語を開発しました。Windowsの共通フレームワークである.Net Frameworkと親和性が高く、このフレームワーク上でC#をコンパイルし、実行することができます。

このC#はオブジェクト指向という概念を継承し、Javaに組み込まれていたガーベジコレクション機能も搭載していました。様々なプログラミング言語から、良い部分を取り込んでいき、近年は使いやすいプログラミング言語となっています。

C#はMicrosoftが開発した.Net Frameworkとの親和性が高いため、Windowsの普及と共に広がっていきました。そして最近になってMicrosoftはオープソースに舵を切るように方針転換をしています。その代表例が.Net Coreというフレームワークです。このフレームワークは.Net FrameworkをWindows環境以外で動作させるようにリリースされました。

この普及により、WindowsだけでなくLinuxやmacOSでもアプリケーションの開発ができるようになったのです。この大きな第一歩は、開発から20年以上が経過したC#の、新たなる可能性が広がった瞬間とも言えるでしょう。Windows上で成熟を重ねてきたC#は、さらなる活躍の機会の待っているプログラミング言語の一角とも言えます。

したがってC#を学んでおくことは、今後のプログラマーとして歩む道程の第一歩として最適であることが分かります。

何よりもMicrosoftが開発を強力にサポートしているからです。また、.Net Coreにより動作環境に依存しない、自由なプログラミング言語に昇華されているからです。C#で基礎を固めておくことで、その他の様々なプログラミング言語の学習にも役立つことでしょう。

C#でできること

C#で出来ることを紹介していきます。C#は近年、活躍の場を広げており、多彩な分野に応用することができるようになりました。別の記事でも言及していますが、C#は学んでおいて損のない、むしろ役に立つプログラミング言語きなったと思っています。

そんなC#はどんな分野で使えるのか、また、何を可能としているのかについて以下にまとめました。皆さんの興味ある分野があるんじゃないかと思います。

デスクトップアプリの開発

WindowsFormアプリやWPFといったフレームワークを使用した、デスクトップアプリが容易に構築できます。デスクトップアプリはウェブサーバーなどを必要とせず、パソコンだけで動くのでサッと作って実績にできるのでおすすめです。自分のための簡単なアプリなどを作れるので、アプリ開発の最初のステップとしてオススメですね。

Webアプリの開発

ASP.NETという、Microsoftがサポートしているシステムを利用することでMVCやMVVMを利用したWebアプリの構築もできます。筆者はASP.NETをバックエンドに、フロント側でjQueryやAngularJSといったフレームワークを使用したウェブアプリケーションの開発などにも携わってきました。MVCやMVVMといったアプリケーション構造で構築できる環境が整っているので、ウェブアプリケーションを学びたい人・携わりたい人にもオススメできる言語といえるでしょう。

スマホアプリの開発

スマホアプリはJavaかSwiftと相場が決まっていましたが、それを切り崩しにかかっているのがC#をベースとした、Xamrineというフレームワークです。この仕組みを使用することで、AndroidやiOSによらないスマホアプリの開発ができるようになりました。こうした便利な機能もC#ならではのメリットだといえるでしょう。

ゲームの開発

C#では、なんとゲームの開発も行うことができる。有名どころでいうと、UnityというゲームエンジンがC#をサポートしているからです。最新版のC#が使用できるとは限りませんが、C#を使用することでゲーム開発ができるというのは大きなメリットですね。

C#が使えるOSは

現在、大きく分けて3つのOSが世の中に出回っています。Windows、macOS、Linuxの3つになりますが、どのOSでもC#を実行することは可能になっています。詳しくは「C#が歩んできた歴史」に記載している通り、「.Net Core」の登場によるものでした。

このオープンソース化の流れを組んだことにより、幅広いOSで開発をすることができるようになっています。開発環境の話で必ず出てくるのがIDE(統合開発環境)ですが、この点を考えるとオススメはWindowsかmacOSでの選択をするとよいでしょう(そもそも、未経験からプログラミングを始める人でLinuxを使っている人は多くないはず)。

WindowsとMacでは、共にVisual Studioという開発環境をMicrosoftが提供しており、無利使用することができます。この優秀な開発環境によってC#の開発は強力にサポートされています。このVisual Studioが使いたいというエンジニアも多いくらいです。

そういう点を考えてみると、C#は様々な環境下で開発を進めることができますが、WindowsかMacを使用することをオススメします。できればC#のことだけを考えるとWindowsのほうが良いですが、MacOSでも不自由なく開発は可能です。