英語学習

「後悔しないフィリピン留学」のために取り組むべきこと3つ【事前学習が成功のコツです】

「フィリピン留学なら、マンツーマンで毎日英会話授業を受けられるんだから、自然と話せるようになるよね!」とか「英語漬けになる留学で英語を話せるようになろう!」

なんて考えでこれからフィリピン留学に行こうとしている人はいませんか?

これからフィリピン留学に行く予定のある人も、現在留学を検討している人も、留学だけに頼って勉強ゼロでフィリピン留学に行ってはいけません!フィリピン留学期間の平均はだいたい1〜3ヶ月。その短い留学期間でそれなりに英語が話せるように上達する人はいます。

しかし、まったく上達しないで帰国する人も実は数多くいるんです。その留学が成功するかしないかを決めるのは、留学中の取り組みではありません。留学する前の期間にどれだけ「事前学習」をするかがポイントなのです。


フィリピン留学に行く人が勘違いしてること

今や、フィリピン留学が主流になってきて多くの人が短期留学を試みています。ただ、その留学に行く人たちは勘違いしている事が多く、言ってしまえば留学に期待しすぎている人が多くいます

 

環境が「話せるようにしてくれる」という思い込み

フィリピン留学なら、毎日4〜8時間程度マンツーマンレッスンで授業を行います。

また、学校内には他国からの留学生も多く、海外なので街に出れば英語でコミュニケーションを取るしかありません。それだけ毎日英語に触れる環境があるのだから、それなりに聞き取れるようになって話せるようになるだろう。

と考える人が多くいますが、正直それは間違いです。毎日英語に触れるからといって、その環境だけで英語が話せるようになるのは難しいでしょう。では、そもそもなんのために「留学」が存在しているのでしょうか。

 

留学中は話す・会話するアウトプットの場

そうやって留学に期待する人たちは、留学期間中だけに頼って日本であまり事前勉強をせずに渡航します。ある程度の基礎知識があればそれで問題ないんですが、多くの人は英語の基本的な文法や単語も知らないで英語を聞いたり話そうとします。しかしそれでは間違いなく上達しません。

マンツーマンレッスンを売りとするフィリピン留学は、ひたすら話す・会話する「アウトプットの場」です

そのアウトプットをするには「インプット」がないと始まりません。基礎文法や単語のインプット量の足りなさを留学が始まってから実感して留学期間中に基礎勉強に取り組む人がいます。けれでも、それでは授業の理解度は低るのでもったいないです。

留学中は英語で話す機会が「これでもか」というほどあるのに、中1で習うような英文法を学んだりするのに時間を使うのは「時間の無駄」です。

僕自身も事前学習が大事と聞いていたので、留学する2週間くらい前から事前学習に取り組みました。

中学文法の復習になる薄めの参考書を買い2週間掛けて解いたり、日常会話で使える単語帳に取り組んでいましたが、留学が始まってからしっかりと基礎文法を復習できていたと感じる事はなく、もちろん単語もその短い期間で頭に定着する事がなかったんです。

そして留学期間中は、自主時間のほとんどを再度文法の復習と基本的な単語から覚える事に使ってしまった為、もっと時間を掛けて、そしてもっと真剣に事前学習に取り組めばよかったと後悔しました。

 

留学する前にすべきこと3つ

なので、留学前にしっかりと英文法を理解し、ある程度の語彙を身につけて臨むことが大切です。かといって、留学前に難しい参考書を何度も開く必要はなく、以下の3つの事を押さえておけば実りある留学をすることができるでしょう。

 

①中学文法の総おさらいをしておく

文法の復習は、中学レベルだけで十分です。まずは中学3年間で習う文法のおさらいをしておきましょう。

中学で習う英語は、日常的に使われる英会話の基本中の基本です。つまり、中学英語をマスターしなければ日常英会話ができないのと同じです。なので、留学前に中学3年間で習った英文法を復習しておけば、英会話の上達も早くなるということです。

また、中学英語だけに絞ったとしても参考書となる書籍はたくさんありますが、僕がオススメする参考書を紹介します。

 

オススメ参考書

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」という英作文に特化したこの本を1冊取り組むだけで、中学文法の復習は完了します。中学1〜3年レベル毎に分かれており、豊富な例文の記載も音源もあるのが魅力。

正直、これを何周も取り組むだけで英会話が出来るようになります。また、この本の文法が理解できない場合に、補足として利用してほしいのが、「一億人の英文法または「総合英語Forest」という参考書です。

両冊とも分厚い本なので、この本自体を取り組む必要は全くなく、あくまで補足や参考に利用してもらえると、よりスムーズに文法復習ができるようになります。

 

②基本英単語を覚えて行く(3000語程度)

文法だけでなく、ある程度の英単語も頭に入っていないと会話をする事は難しいでしょう。

かといって、膨大な量のある英単語全てを覚える必要もなく、3000語程度の語彙を事前に身につけておくと、留学を効率よく進められるでしょう。

特に動詞とその変化形を中心に覚えておくと、会話の中で自分の意思を伝えやすくなるし、また、先生との会話の中でよく出てくる「品詞」(名詞ならNoun、動詞ならVerb)などを覚えておくと、授業をスムーズに進められるようになります。

3000語くらいなら3ヶ月程度で覚えられると思います。英単語は記憶定着に時間が掛かるので、事前にコツコツ勉強しておくといいでしょう。

 

オススメ単語帳

中学1年で習う単語から日常生活で使える単語など、土台作りにぴったりな単語ばかりが載っているので、まずはこの1冊に取り組むといいと思います。

本書は全4巻を通して12000語を学ぶ事ができますが、まず1巻目の3000語を取り組めば基本単語を押さえる事ができ、また、基本的な文法も記載されているので、同様に文法復習にも便利です。

 

③よく使う英会話フレーズを知っておく、使えるようにしておく

あらかじめ、授業でよく使うフレーズを丸暗記しておくと、最初からよりスムーズに授業に取り組む事ができます。

聞き取れなかったりした場合の聞き返す時のフレーズや質問系のフレーズはよく活用します。

例えば、「I can’t understand」(分かりません) とか「Could(Can) you say it again please?」(もう一回言ってくれませんか?)、「Can you speak more slowly please?」(もう少しゆっくり話してくれませんか?) などをサッと言えるようにしておくと、授業の進み具合が変わります。

 

留学中も自主学習は続けよう

これらの3つのポイントを押さえて留学前に事前学習を済ませておくと、留学中はその事前学習で学んだ英語を実際に口に出す事に集中することができます。しかし、当然ですが留学中は留学中で引き続き自主勉強に励みましょう。

授業の予習・復習だけでなく授業中に出て来た単語、中学レベル以上の文法、イディオムなど。

自主学習でやるべき事はたくさんあります。留学生には、せっかく海外に来たのだからと、週末は必ず出かける人がいます。もちろんそういったリフレッシュや息抜きは大事ですが、留学期間中に英語に触れる量が多ければ多いほど英語力は伸びます。

 

まとめ

以上が、フィリピン留学を成功させる秘訣です。まとめるとこんな感じです。難しいものに取り組むのではなく、出来ることをコツコツとやるのがオススメです。

  • 中学で習う英文法は必ず復習しておく
  • 基本英単語3000語程度を覚えておく
  • よく使う英会話フレーズを使えるようにしておく

改めて英語を学び始めようとする人にとっては難しい事かもしれません。しかしながら、上記のことは慣れてしまえば簡単に取り組める内容です。むしろ、これらの事をやらないで留学に行く方が、現地での苦労はより大きくなってしまいます。

事前学習の質が留学の質を決めると行っても過言ではありません。「留学するぞ」と決めたのならば、少しずつでいいので留学に向けた準備を進めていくと素晴らしい留学体験ができるのではないかと思います。

Pocket
LINEで送る

Tags

伊藤 祐矢

語学学校で英語とライティングを学び、帰国後は英語を活かしてホステル勤務、ライティングスキルを活かしてWebライターやマーケティングに関わっています。過去に2年間の世界一周、ヒッチハイクで日本一周してました。累計訪問国は約50ヵ国。個人ブログ「Tabilog+」運営中。
Back to top button
Close
Close